FC2ブログ

【保ビ研エッセイ】

保障の大切さが書かれた風間佳さんのエッセイです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「生命保険の保険料は、きわめてまともなものです」ということが書かれています。
E1B-0016-hosho.gif
───────────────────────
「生命保険の掛金の出し方」 エッセイスト風間佳 

生命保険の掛金の出し方について話を聞いた。
聞いてみればしごく当然、当たり前のことだったのだが、
自分がそれまで感じていたのと、感覚的にかなり食い違っていたので、
同じように感じている人も多いのでは思い、少し書いてみることにする。

 《生命保険の掛金の算出の仕方》

1年間の掛捨て保険の場合を例にとると、
例えば、ここに1,000人の加入者がいたとする。
そして、ちょうど1年後にその中の1人が死亡したとする。
その人(正確にはその遺族)が1,000万円の保険金をもらうためには、
さて、加入者1人当たりの掛金はいくらにすれば良いのだろうか。
1,000人からいくらかずつ集めて、1,000万円を1人がもらうのだから、
「1,000人×○万円=1,000万円×1人」で、答えは「1万円」になる。

1,000人の人から1万円ずつ集めれば、死亡した1人は1,000万円貰える。
言い換えれば、死亡した1人が自分の掛金と残り999人の掛金を全部貰うということだ。
だから、残りの無事に1年を過ごせた999人には何も戻らない。
これが生命保険の基本的なしくみであり、「相互扶助」のしくみなのだそうだ。

・・・言われてみればとても簡単で、誰もが納得できる計算式だと思うのだが、
言われるまで、そういう認識はなかった。

今まで、自分が何事もなく過ごして、掛金だけを払っていると、
自分の掛金がどこかに消えてしまったようで、何か損をした気分になっていた。
逆に1,000万円貰った側の認識はどうだろう、もらった事はないから分からないが、
きっと1,000万円はあくまで保険会社からもらったという感覚で、
他の人の掛金をもらったという感覚にはならないような気がする。
あんな大きなビルをいくつも持っている会社なんだから、
1,000万円ぐらい出てくるだろう・・・という漠然とした認識なのではないかと思う。
だが、どんなに大きなビルを持ってようが金を作っているわけじゃないのだから、
支払う保険金分はどこからか集めてこなければならない。それが掛金なのだ。
「死亡保険金は、無事だった人の掛金でまかなわれている」
言われてみれば当たり前のことなのに、改めて「そうかぁ」と感心してしまった。

実際の掛金の算出は、こういった死亡率の計算式に、あと2つの計算式が必要だそうだ。
先ほどの例では、集めた1,000万円を1年間は運用したのだから、その運用分の計算式。
それから、この保険制度を運営するために人や機械を使ったので、その経費分の計算式。
この3つの計算式から、生命保険の掛金を出すのだそうだ。
また、掛金は最初に貰うので、これらの計算式はいずれも予測をもとに算出され、
それぞれ「予定死亡率」「予定利率」「予定事業費率」を使うのだそうだ。
そして、予測と違って余剰金が出た場合は「配当金」の形で返却するのだそうだ。

わけの分からない掛金だったが、少しだけわけが分かった気がした。


◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
スポンサーサイト
2008.05.29 | 遺族保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「「家計の現状」そして、「将来の計画」などについて親の考えを子供に話すことで、親子間の距離も近くなるので、家族で話しあうことは良い」ということが書かれています。
E1B-0014-hosho.gif
───────────────────────
「家族会議」  エッセイスト 風間佳 

私の友人の話だが、
一人息子が高校生になったのを機に「家族会議」を開いたそうだ。
「家族会議」と言っても、親が子供に
今、家計がどうなっているのか現状を知らせ、将来の計画について話したのだそうだ。

まず現状を知らせた内容としては、
収入のこと、父親の給料とボーナスの額など。
支出のこと、食費などの生活費、家のローンの返済額と終了時期、そして教育費など。
資産のこと、貯金と株券、家の資産価値など。
保険のこと、生命保険と損害保険の加入額や給付金の額、そして掛金など。

それから将来の計画については、
大学は本人が希望すれば行かせるつもりであること。
結婚の費用も若い内は自分達ではそれほど準備できないだろうから、
少しは準備しておくつもりだということ。
ただ、援助はそこまでで、子供が独立した後は、元気な内は夫婦2人で暮らして、
どちらかが寝たきりになったら施設に入りたいと思っていること。
寝たきりの世話は大変だから、子供に迷惑をかけたくないと思っていること。
だから、施設に入る資金も子供が卒業したら準備し始めるつもりでいること。
そんなことを話したのだそうだ。

なぜこんな「家族会議」を開こうと思ったかというと、
子供との距離が離れて来ていると感じたからだと言う。
 子供との会話が少なくなってきている。
 子供が何を考えているのか分からなくなってきている。
 子供との価値観のズレが気になることが増えてきている。
 自分の若い頃に比べて何となく子供が無気力な気がする。
そんな思いがあって、一度、親の考えや気持ちを伝えておきたかったのだと言う。

「家族会議」は思った以上に効果があったと言う。
「息子はいろいろな面でショックだったようだよ」と笑う。

特に生命保険の話になった時は神妙だったそうだ。
この友人は5,000万円の保険に入っているそうだが、息子にこう言ったそうだ。
「大金に思えるかもしれないが、給料の10年分にもならない。
 父さんにもしもの事があった時にはその金で母さんを助けてうまくやってほしい。
 葬式に金をかける必要はない、これは生活費や教育費、結婚資金になるのだから、
 無駄な使い方はするな」

「父権喪失」だとか言われて久しいが、いい話しだと思った。


◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
2008.05.21 | 遺族保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「人生には『生き甲斐』や『やり甲斐』が大切で、それがあると生き生きと輝いていられる、そんな人生を送るための保険活用法がある」ということが書かれています。
E1B-0013-lifeplan.gif
───────────────────────
「生き甲斐・やり甲斐」 エッセイスト風間佳 

私の友人で、60才で退職と同時に起業した人間がいる。
彼に言わせれば、まだまだ働かなければならない理由があるという。
娘さんが離婚して小さい孫を連れて戻って来たのだそうだ。
娘もかわいいが、孫はまた何倍もかわいいと言う。
その孫のために働くのだそうだ。「おじいちゃんは頑張る!」というわけだ。
そのために、定年のない社長業を始めたというわけだ。

資金的には退職金と郵便局の満期、それに保険会社に掛けていた年金が貰えて、
住宅ローンも定年に合わせておいたからちょうど終わるのだそうだ。

そう話す彼の顔は生き生きとしている。輝いてさえいるのだ。
やる仕事があるからだろうか。
同年代が皆ゴールを迎える中、新たな目標に向かってスタートしたからだろうか。
同年代が皆「お疲れさま」と言われる中、「頼りにしてる」と言われるからだろうか。
同年代が皆「もう自分達の出る幕ではない、若い者の時代だ」と思う中、
「まだまだ自分の時代。若い者とも渡り合うんだ」という気合いがあるからだろうか。

・・・彼を羨ましいと思うのは、私だけではない気がする。

そういえば、以前こんな話をしてくれた友人もいた。
彼は、60才で1,000万円の満期を迎える生命保険に入っているそうだ。
60才定年までに自分が死ねば、その1,000万円は家族に。
60才定年まで生きていれば、その1,000万円は自分の独立資金にするというのだ。
釣りが趣味で、定年後に釣り道具屋を始めるのだそうだ。
自分が試してみて良かった道具を置き、仲間やお客と情報交換をしながら、
毎日を好きな釣りの話に囲まれて生活するのだそうだ。

彼の話してくれた計画はこうだ。
店の運転資金には、退職金や年金は一切使わず、銀行からも無借金で通す。
もし資金の1,000万円が底をついたら、その時はいさぎよく店をたたむ。
店は1,000万円分のロマンなのだそうだ。
1,000万円で、夢と、生き甲斐と、やり甲斐と、仲間との出会いを買うのだそうだ。

そういえば、この友人も生き生きと輝いていたなあ。
私も真剣に準備し始めた方が良いかもしれない。


◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
2008.05.16 | 老後保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「自分の介護について考えたとき、『家族には迷惑をかけたくない。家族とは対等な立場で接したい。』と思うなら介護保障に対する準備が必要です」ということが書かれています。
E1B-0012-kaigo.gif
───────────────────────
「介護について思うこと」 エッセイスト風間佳 

近頃、『介護』の問題がさまざまなところで取り上げられている。
TVの特集を見ても、新聞や雑誌を読んでも、実際に知人の話を聞いても、
つくづく、これから日本が抱えていかなければならない重く大きな問題だと感じる。

その上、我々世代がもっとも切実な問題なのだろうなあ...と思うと一段と気が重くなる。
戦後のベビーブームで生まれた子が、60年たてばそのままみんなで老後を迎えるのだ。
支える方も、支えられる方も、大変だろうことは社会学者じゃなくたって分かる話だ。

さあ、どうしたものか・・・。まず、自分のことを考えてみよう。
そうだなあ、自分のことで言えば、せめて最期の日まで自分の足で歩きたいと思う。
今元気だからそう思えるのだろうが、自分は大丈夫だと思う。
少々足腰が弱ろうと、自分で食べて、自分で歩くことぐらいできる気がする。
それ相応の年になったら、無茶しないでちょっと気をつけながら生活すれば、
自分は介護状態にならない気がする。自分が寝たきりになるとは思えない。

・・・と思ったが、データはその私の希望的観測を曇らせる。

寝たきりになるきっかけは、脳卒中が3割以上、次いで骨折が1割だというのだ。
体は丈夫な私だが、脳卒中にならないかと言われれば、それは分からない。
骨折しないかと言われれば、それも分からない。
脳卒中も骨折も元気だからと言って無関係なものじゃない。誰にでも起こり得ることだ。

・・・そうかあ。それじゃあ、百歩譲って寝たきりになった時のことを考えてみよう。

もし寝たきりになったとしても子供の世話にはなりたくないなあ。
家族が私に付きっきりで何もできないのも嫌だなあ。
私の介護のために家族の人生を犠牲にするのは嫌だ。忍びない。
何よりも、「すまない」「情けない」と思って毎日を送るのが嫌だ。
家族とはいつまでも対等な立場で接したい。親として、伴侶として、凛としていたい。

自分の介護は仕事としてやってくれる人に頼みたい。
仕事でやってもらうんだから、感謝はするが、すまないとは思わなくてすむ。
そうすれば寝たきりになっても、最期まで家族とはいい関係を保てると思う...のだが、
どうだろうか。

ただ、思うような介護サービスなどを受けるには、費用の問題もあるのだろうなあ。


◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────

2008.05.13 | 介護保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「将来に予想される自然災害や人災を考えると、心配なことだらけだ。災害は防ぎきれるものではないが、備えることはできる」ということが書かれています。
E1A-0011-hosho.gif
───────────────────────
「地球にも成人病の兆候が…」 エッセイスト風間佳 

このところ世界の各地で大地震が続いている。
台風、竜巻、サイクロンなど、他にもさまざまな天災が世界各地に被害をもたらしている。
日本でも、近年、何度となく大雨に見舞われ各地に大きな被害が出た。
また、ここ数年皮膚ガンが倍増しているそうだ。
原因は、オゾン層の破壊が進み、肌に届く紫外線の量が増えてきているからだそうだ。
その他にも、大気汚染、土壌汚染、水質汚染、そしてそれに伴う食物汚染。
天災、人災が織り混ざって、考えれば心配なことばかりのように思える。

こんな状況をおもしろい話で説明した人間がいた。
「地球もそろそろ成人病が出始める年令になってきたのさ。
 地球も人間の年令で言うと50才ぐらいになってきたんじゃないか。
 地球自体にもだんだんガタが出て来だしたんだよ。
 それまでの無理や不摂生がたたって、あちこちに悪いところが出だしたのさ。 
 地球の一生を考えるとな。
 まず、地球の誕生はとてつもない大きな衝撃で始まって、
 しばらくの間は、大陸が動き、火山が噴火し、隆起や陥没を繰り返す。
 地層なんて見たらすごいじゃないか。
 ぐにゃっと折れ曲がっているところもあれば、ほぼ直角になってるところもある。
 高い山の中腹から、かつて海だった証拠の貝の化石が出てきたり・・・。
 その頃は、それこそ天地をひっくり返したような地殻変動が続いたんだからさ、
 その時期が血気盛んな地球の青年期だよ。
 そんな時に地上に動物がいたら、そりゃあ全滅しただろーね。
 人間なんてのはね、地球が落ち着いた時に出現したってわけさ。
 地球の一生がどのくらいの長いかなんて想像もつかないけど、
 どっちにしても地球の老齢期までは人間はとてもじゃないけど付き合えないだろうね。
 今は、地球に成人病の兆候がちょこっと出てきたってとこだろうねぇ。
 人間なんて、地球にしてみれば、小さな寄生虫みたいなものだから、
 地球の変化にうまく合わせて、生き抜いていく術を身につけるしかないのさ」

災害の話を見聞きする度に、防ぎきれるものじゃあないだろうなぁ…と思う。
もしそこに居合わせたら「運が悪かった」と思うしかないだろう…と思っていた。
けれど、ある程度「備える」ことはできるとも思う。
「地球の変化にうまく合わせて、生き抜いていく術を身につける」のだ。
『不幸中の幸い』の状況を作ることは人為でできるのだと。


◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
2008.05.08 | 遺族保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。