【保ビ研エッセイ】

保障の大切さが書かれた風間佳さんのエッセイです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「生命保険は御守りになる。御利益があります」ということが書かれています。
E1B-0022-hosho.gif
───────────────────────
「生命保険は御守り」 エッセイスト風間佳 


「生命保険は御守り」だという言葉を耳にする。
『御守り』という言葉を辞書でひいてみた。
「それを身に付けていれば、神や仏がその人を災難から身を守ってくれるというお札」と書いてあった。
「生命保険は御守り」なのだろうか。その御利益はいかばかりだろうか。

「生命保険は病気になった時の回復力に実際に影響がある」という話を聞いた。
どういうことかと言うと、
充分な保険に入っていない人が難しい病気にかかった場合、本人を襲う心理的負担は
「死が目前に迫っているという辛い事実、恐怖」
「自分のいなくなった後の家族の生活を思う不憫さ、心配」
「自分が充分備えておかなかったことへの後悔、家族へのすまなさ」
「最先端の高度な治療を経済的理由で受けれないくやしさ、無念さ」
そういった、3重苦、4重苦が患者の胸を押し潰す。
「こうなる前なら何とか手が打てたものを、今となってはもう何もなすすべがない」
悲観と悲嘆が患者の気力を奪い、心身ともに衰弱し、結果死期をも早めてしまう。

充分な保険に入っている患者の場合は、上記のいくつかの不安や心配からは開放される。
さらに、充分な保険に入っていたことが一つの心のよりどころにさえなるというのだ。
生命保険が自分の家族への愛情の証に思え、自分の生きていた証のようにも思え、
父親として夫としての責任を少なからず果たせることに対して、
少し安らかな気持ちになれるそうだ。
「死が目前に迫っているという辛い事実、恐怖」の中にあっても、
「自分は備えはしていた。家族を路頭に迷わすことにはならない。あとは病気を治すだけだ」
そういった気持ちが、病床において積極的に生きようとする気力につながると言うのだ。
最終的な死を避けることはできなくても、本人の気力が死期を延ばすことは充分あるそうだ。
家族と過ごせる最期の時間を1日でも延ばせるとしたら、それは素晴らしいことではないか。

充分な生命保険に加入したとて、永遠の命を手にすることなどできるはずもないが、
最期の日を1~2日、1~2週間、1~2ヶ月、それ以上・・・
少しでも延ばすことができたら、それは素晴らしい御利益なのではないかと思う。

◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
スポンサーサイト
2008.06.25 | 遺族保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「夫の生命保険の保障内容は、妻が決めた方が良いのでは…」ということが書かれています。
E1B-0021-hosho.gif
───────────────────────

「保障内容は妻が決めた方が良い」 エッセイスト風間佳 

「夫の生命保険は、契約するのは夫であっても、保障内容を決めるのは妻の方が良い」という話を聞いた。

生命保険がその威力を最も発揮するのは、一家の大黒柱を失った時だ。
夫の死後、保険金が妻の手元に届き、妻はそのお金で子供との生活を支えていかなければならない。
夫の死後、夫に代わって家族を支えていかなければならない妻にとって、保険金の額は切実な問題になる。

子供が進学時期を迎えて、
「うちはお父さんがいないのだから学校はあきらめてね。ごめんなさいね」と言わなければならないのか、
「お父さんが残してくれたお金があるから、何も心配しないで自分の好きな道を進みなさい」と言えるのか、
それを実際に子供に言うのは、夫ではなく妻の仕事になる。
妻は、保険金を上手に使って、子供を抱えながら生活していかなければならない。
毎日の食費、毎月の家賃、子供は成長するからシ-ズンごとに洋服代もかかる、それに教育費・・・。
そして、忘れてはならないのは妻の生命保険の掛金もその中から捻出しなければならない。
夫亡き後の妻の保障はとても重要になる。
親が一人になってしまうのだから、子供にとって母親の保障は本当に命綱になる。

保険金の額だけでなく、入院や手術の給付金にしても同様だと言う。
この頃の医療は、高度な治療となると治療費も高額になる。
そこで、家族は費用とのかねあいで治療を進めていくことになる。
医者が家族にこう聞くのだそうだ
「この注射はガンにとても効果があると言われています。
 新薬なので保険の対象外で、1本○万円になりますが、どうしますか?」
「手術後は少し痛みが続きます。個室がよろしければ1日○万円ですが、いかがしますか?」
そう聞かれて「はい。よろしくお願いします」と答えるのも、
「いえ。それはちょっと…。そうしてあげたいのですが、経済的に難しいのです」と答えるのも、
夫ではなく妻の仕事になる。

生命保険に入るのは夫だが、実際に保険金や給付金でやりくりするのは妻なのだ。
だから、「夫の生命保険の保障内容を決めるのは妻の方が良い」のだそうだ。
言われてみれば、至極納得できる。


◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
2008.06.20 | 遺族保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「病気になった時にどんなに『準備したい』と思っても、生命保険は入ることも、増額することもできない、元気な時に考えておかなければならないものだ」ということが書かれています。
E1B-0020-iryo.gif
───────────────────────
「病気になってからでは準備できないもの」 エッセイスト風間佳

ご主人をガンで亡くした人と話をした。
ご主人は告知を強く望まれ、
告知されたその日から、その後のことを夫婦でいろいろと話し合ったそうだ。

事故死と病死、
かけがえのない人を失うことは同じだが、大きく違う点があるようだ。
事故死は、その日が突然、何の準備をする間もなく訪れるが、
病死は、本人も家族も残された時間を噛みしめながら闘っていく、
そこのところが大きく違うようだ。

残された日がわずかだと分かって、夫婦で話すことは尽きなかったそうだ。
治療のこと、
子供のこと、親のこと、
ご主人がいなくなった後の生活のこと、
そして葬儀のことまで・・・、
夫婦それぞれの思いと、相手への思いやりが交差しながらの話し合い。
ご主人のこと、家族のこと、自分の人生のことを、一番考えた時間だったと言う。

その時に、準備をしたくて仕方がないのに準備できないものが1つあったと言う。
「生命保険」だそうだ。
生命保険は病気になってからでは入れない。増額もできない。
どんなに必要性を感じても、病気になってからでは準備できないのだ。
そのことを痛感したと言う。

事故死と病死、
もう一つ大きく違うものがあるそうだ。それは治療にかかるお金だそうだ。
ガンの薬はいずれも高額で、長引く入院費、痛みが増せば個室に移り、
介護のための費用、付き添うために仕事も辞め、子供を預けるにもお金がかかる...。
家族はできる限りの治療を受けさせたいと思い、本人もわずかな望みにも賭けたい。
けれど最新の治療にはお金がかかり、貯金を使えば使うほどその後の生活費が減る。
かけがえのない人を失うことの不安と、経済的な不安、
病死の場合は、この両方と闘っていくことになるのだそうだ。

ご主人は延命治療は望まなかったという。「大切な金なんだから」と言ったという。
病気になってからでは準備できない生命保険。
生命保険は、元気な時に考えておかなければならないものだと、つくづく思った。


◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
2008.06.17 | 医療保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「保険で貯蓄という方法もある」ということが書かれています。
E1B-0019-sonota.gif
───────────────────────
「僕は保険での貯蓄が気に入っている」 エッセイスト風間佳 

私のような意志の弱い人間には、保険で貯蓄をするのが良い方法のようだ。
生命保険には長期の貯金になるものがあると聞いて入ってみた。

保険は知らぬ間に貯まるからいい。
この間加入したと思った保険も、気がついたらもう5年になっていた。
保険は滅多に証券など見ないから、掛けているのも忘れていられる。
銀行の通帳のように貯まっている金額が一目で分かると、
私のような人間は、何か欲しいものがあるとすぐ「あの金がある」と思うからいけない。
結局なかなか貯まらない。

利回りなどという細かい数字は僕は苦手だが、
満期まで続ければ銀行の定期預金などよりずっと利回りがいいという。

もう一つ、保険での貯蓄で気に入っていることがある。
実は先日、どうしてもほしいものがあって何とか金を工面できないものかとあれこれ考えた。
すると、私の掛けている保険でも金が借りられることが分かった。
借りられるといっても、自分の掛けている金の中から借りるのだそうだ。
利息はつくが返済期限は満期日までで、その間返せる時に返せば良いのだそうだ。
もし、満期日までに返せなければ、借りている分だけ満期金が減るだけだそうだ。

なかなか便利そうなので借りてみた。
手続きは簡単だった。
一度に返せずに一部だけ返したが、返すのも簡単だった。
銀行にあるような自動振込の機械で簡単にできた。

僕はこのシステムが気に入ってしまった。
僕にとって何よりも良いと思うのは、
返済期限がないので気が楽なこと、しかし利息はつくので早く返そうと思うことだ。
これが銀行の貯金だったらどうだろうか。
銀行の場合は、それまで貯めていた貯金を取り崩したり、解約することになるのだろう。
そうした場合、私の性格からすると、
途中で少しお金ができても、使った分を埋め合わせようとは思わないだろう。
せいぜい、また一から積み立て始めるのが関の山だろう。
そうやって、欲しいものが出てくるたびに貯金の仕切り直しをするだろう。

保険での貯金の感覚は、ちょっと違った。
保険の場合は、最初に決めた満期額と期間はそのままで、
途中で金が入り用になった時は、そこから用立て、またそこに返しておけばいいのだ。
途中それを何度繰り返してもいいのだ。
ということは、途中に何があろうと、最初に決めた満期額を貯められるのだ。
老後の資金などを貯めるのには、保険での貯蓄が最適だと思う。

その上、保障もついているのだと言う。
私が途中で死ぬようなことがあれば、いつでも、まだ3分の1しか積み立てていない段階でも、 家族は満額を受け取れるというのだからありがたい話だ。


◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
2008.06.12 | その他 | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「生命保険で死んでもなお、家族を守ることができる」ということが書かれています。
E1B-0018-hosho.gif
───────────────────────
「私の生命保険の考え方」 エッセイスト風間佳 

縁あって一緒になった妻、自分の血を引く子供達
そんな家族に対して、生きてさえいればいろいろなことがしてやれる。
子供が進路に迷う時、人生の先輩として少しは役に立つ話もしてやれるだろう。
職場での悩みには、同じ社会人の仲間として酒でも酌み交わせるかもしれない。
結婚の悩みには、経験者として入れ知恵の一つもしてやれるかもしれない。
失敗や挫折、つらいことがあった時、励まし、支えになってやれるかもしれない。
時には、細い親のスネをかじらせてやれるかもしれない。
けれど、それは私が生きていればこそだ。
途中で死ぬようなことがあれば、その後は何もしてやれない。
家族に、思い出と悲しみを残すことになる。

事故や病気は防ぎきれるものではない。
もし、私が死ぬようなことになれば、
残された家族には、悲しみと苦悩、これからに対する不安と恐怖が残るだろう。
死んでいく自分は何を思うのだろう。
人生を途中で終わらなければならない悔しさ、口惜しさ。
家族の悲しみや苦悩を分かっていながら、どうすることもできない情けなさ、無念さ。

死んでしまったら、生きていれば当然してあげただろうことが何一つできない。
そう思うと、できない代わりに何かを残したいと思う。
お金を残したいと思う。
毎日の食事代、洋服代、家賃代・・・生活費となるお金。
教育資金、結婚資金・・・子供の将来のためのお金。
家族が病気やケガ、災害に遭った時の支えとなるお金。
残された家族が、私がいないことで惨めな思いをすることのないように、
私が生きて守れないのなら、その代わりにお金を残してあげたいと思う。

生命保険は死んだ時にお金がたくさん貰えるシステムらしい。
一番掛金の安いものは「掛け捨ての保険」だそうだ。
加入したその日から満額の保険金が約束されるのだそうだ。
だから、加入してすぐ死ぬようなことがあれば、
掛金は何百倍、何千倍、それ以上になって戻ることになるのだそうだ。
しかし、この保険は掛金が安い分、生きていた時に受け取れるお金はほとんどないらしい。
何年にも渡って掛けたお金が戻ってこないのは、少々もったいない気もするが、
私の掛けた掛金が、不幸のあった加入者の家族に回るのだと言われると、
もっともなことなので、納得する。
生きてさえいれば自分の力で家族を守れるのだから、掛金が戻ってこなくてもいいと思う。
問題は私が死んだ時のことなのだから。
私が死んだ時、私の代わりに家族を支えてくれるシステムがいい。
私は、そういう観点で生命保険を選びたい。

◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
2008.06.06 | 遺族保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。