【保ビ研エッセイ】

保障の大切さが書かれた風間佳さんのエッセイです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「夫亡き後の妻の人生を想像し、妻の自立のための保障もあります」ということが書かれています。

「別口の1000万円」E1A-0009-hosho
───────────────────────
「別口の1000万円」 エッセイスト風間佳 

「うちの主人はね、この間、別口で1,000万円の生命保険に入ったのよ。
 その1,000万円はね、子どものためとか、生活費とかに使っちゃいけなくて、
 私が自立する為に使わなければいけないんですって」
とあるご婦人が言う。

どういうことなのかと聞いてみると、
「主人は私に、自分が死んだら何か習い事を始めて10年間は続けろと言うの。
 どんなことでも10年習えば教えられるようになるからって言うの。
 その習い事の10年間の月謝や発表会の費用が500万円で、
 残りの500万円は、独立した時の教室やお店の開業費用だと言うのよ」
何となく話が見えてきた。

「主人は、自分が死んだら子どもべったりの人生になるなって言うの。
 子どもはいずれ新しい家庭を持つんだから、いつまでも一緒にはいれないんだから、
 その後はどうせ独りになるんだから、
 最初から独りになっても楽しく生きていけるようにしていかなきゃあダメだって。
 いつまでも母親がべったりついているようじゃあ子どもだって迷惑だって言うのよ」
なるほど、それは言えている。

「習い事を10年続けて、それで独立できて、自立できるようになれば、
 私でも社会性も身に付くだろうし、知り合いや友達も増えるだろうし、
 何よりも仕事が生き甲斐になるだろうからって言うのよ。
 私はろくに働いた経験がないまま、すぐに主人と結婚して家に入っちゃったから、
 主人はいつも、世間知らずだ、世の中を知らなすぎる、って言うの。
 そんなだから、自分がいなくなった後の私のこともすごく心配しているみたい」
なるほど、なるほど、

「だから、主人がもし死ぬようなことになっても、私がちゃんと自立できるように、
 生活費用とは別口で1,000万円の生命保険に入ったんですって。
 私はそのお金で何とか自立しなくちゃいけないのよね。
 だから、私、主人が死んだらその年から習い事を始めるのよ」

う~ん、何とも素直で無邪気なご婦人だ。
こういう女性だからご主人も心配しているのだろうなあ。

それでも、やはり、このご主人は偉いなあ。


◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────



2008.04.25 | 遺族保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken9.blog82.fc2.com/tb.php/10-fcce64ee

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。