【保ビ研エッセイ】

保障の大切さが書かれた風間佳さんのエッセイです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「高齢者の割合が増えれば、高齢者が強くなる世の中になるかもしれない、老後に大きな夢を持って、今から健康も趣味も、そしてお金も準備しよう」ということが書かれています。
E1B-0030-rogo.gif
───────────────────────
「日本は老人天国になる?」 エッセイスト風間佳 

2014年には、日本は、
65才以上の人口が全人口の25%以上になり、
日本人の4人に1人は65才以上という社会になるらしい。

そうなると、その頃になると年金をもらう人の割合が多くて、
年金制度を支える人、つまり掛金を払う人の割合が少ないので、
高齢者の生活は年々楽ではなくなる。
今の40代・50代の人が高齢になる時は、今の高齢者よりも生活が大変になる。
・・・という話はよく耳にする。

「いや、そうとは言えない」という話を聞いた。
逆に、その頃には高齢者が住みやすい社会になっているはず、と言うのだ。
なぜかというと、
65才以上が25%を占める世の中は、社会の主導権を高齢者が持つと言うのだ。

例えば、政治にしても、有権者数を比べればそのことは一目瞭然であり、
しかも、若者は政治に興味がなく選挙にも出掛けないが、
高齢者は時間は充分あり、社会にも関心があるから積極的に選挙に出掛ける。
そうなれば、必然的に高齢者に人気のある政治家が当選し、
政治家はこぞって高齢者が喜ぶ政策を掲げる。
だから、高齢者にとって住みやすい世の中になる、と言うのだ。

日本は、今の北欧のように老人天国になるかもしれない。
そうなった時に、健康でなければ楽しめない。
趣味や生き甲斐がなければつまらない。
そして、ある程度のお金がなければ満喫できない。

今、40代・50代の人は、老後に大きな夢を持って、
今から、健康維持に努め、趣味を探し、生き甲斐を作り、資金作りにも精を出そう。
もしかしたら、バラ色の老後が待っているかもしれない。



◎このエッセイを読んだ一般の人の感想
ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
2008.07.30 | 老後保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken9.blog82.fc2.com/tb.php/32-a6784644

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。