【保ビ研エッセイ】

保障の大切さが書かれた風間佳さんのエッセイです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「老後資金作りは、長期の金融商品に預ける」ということが書かれています。
E1C-0036-lifeplan.gif
───────────────────────
「マネープラン」 エッセイスト風間佳 

世の中は不景気だというのに、次々と金融商品が発売されている。
金融商品を買うにもお金がかかる。こんな時代に買う人がたくさんいるのだろうか…。

友人に言わせると
「今は、銀行に普通に預けておいてもスズメの涙ほども利息がつかない、ため息も出ない。
 だからみんな少しでも良いところに預けようとするのさ」と言う。

そうかぁ・・、でも、そう言われてもやっぱり良く分からない。

私に言わせれば、超がつく低金利時代だと言うのだから、金利の差などわずかで、
金利の差がわずかなら結果もわずか…と思えてしまう。

それでも資金が何千万もあれば、1%の違いが1年で何十万の違いになるのだろうが、
私が身近に感じる10万単位の資金で、0.1%の金利なら百円単位の問題だ、
月にしたら十円単位の話なら節約した方がよっぽど早い…と思ってしまう。


そんな私でも簡単に納得できるマネープランの話があった。

「お金を短期・中期・長期に分けて預けると良い」というプランで、
まず、収入の内のいくらかを長い満期のものに預ける。

20年満期や30年満期、または、60才満期や65才満期というもので、
これは老後資金を作るためのもの。

次に、収入の内のいくらかを3~5年の満期のものに預ける。
これは、人生の途中で何か大きな買い物をする時の資金や、
病気をしたりケガをしたりした時の予備資金にもなるもの。

そして残りを、いつでも引き出せる普通預金のようなものに預ける。
これは毎日の生活費に充てるもので、基本的に使い切っても良い資金。
今月節約して少し余ったら、来月は少しぜいたくができる…というもの。

こうしておけば、日々の生活もそこそこ楽しめて、
何か大きなものが欲しくなった時にも少し蓄えがあって、
老後資金もそれなりに準備できる。

金融商品を選ぶ時には、わずかな金利の差を気にするより、
目的にあわせて「期間」で選ぶと良い…というマネープランだ。
簡単明快で私にもできそうな気がした。


ダウンロード ここをクリックすればダウンロードできます.ダウンロードにより生じた損害は責任を負いません。

───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
2008.08.28 | ライフプランについて | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken9.blog82.fc2.com/tb.php/38-4cd61ec9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。